お知らせ

健康管理の具体例

2016.11.29

■ノロウイルスとインフルエンザウイルスが同時に流行しています。手洗いとうがい、マスクと咳エチケットで体を守りましょう。受験生は早めに予防接種しましょう。栄養と休養、保温と保湿を心掛けましょう。

■元気な人は薄着と運動で体を鍛えるのがお勧めです。でも寒くなったらすぐ保温、疲れた思ったらすぐ栄養補給と休養。無理は禁物です。

■最近電車に乗るとほぼ毎日、鼻をほじって、その指をなめる人を見かけます。幼児ではありません。スーツ姿のサラリーマンや、小綺麗な格好をした女性です。その指でスマホをいじり、吊革につかまります。口を押えないで咳をするのは、大抵年配の男性です。週末になると、電車内で吐く酔っぱらいが必ずいます。

■日本人は礼儀正しいわりに、公共のマナーが悪いと有名です。これらには、人を不快にさせないということ以上に、自他を共に害する衛生上の問題があることを意識しましょう。上述の人々全てを感染性疾患の患者と想定すると、衛生管理の具体的な方法が考え易くなります。

■病気は、なってしまえば辛いもの。健康は、損ねてしまって有難味が分かるもの。健康と安全に気を付けて、寒い季節を快適にお過ごしください。